月別アーカイブ: 2016年3月

熊本の郷土料理といえば

熊本県は、九州のほぼ中央に位置しています。
多くの観光客が訪れる本丸御殿が復元された熊本城など歴史・文化遺産が多く残っています。
世界最大規模のカルデラがある阿蘇、宝の海といわれる天草など、自然が変化に富んでいます。
だから、あか牛や天草大王などブランド肉、車エビやのりなどの海産物、スイカなどの農産物は、生産量が、全国で1~2位で、高い評価を受けています。そして、それらを使った加工品、熊本独特の食文化の中で育まれた辛子蓮根、馬刺しなど数多くの特産品があります。
そんな熊本の郷土料理の馬刺しは、牛肉や豚肉に比べて低カロリーで低脂肪、コレステロールが少なく高タンパクなので、健康食として注目されています。
また、辛子蓮根は、元々病弱だった細川家の殿様の為に考案されたといわれています。
茹でた蓮根に熊本産の麦味噌と辛子を練り合わせたものをつめて、衣をつけて揚げたものですが、一般的に土産物は冷たい状態で食します。
しかし、地元の居酒屋で注文すると作りたて、揚げたてを食べる事が可能になります。
また、だご汁も有名です。
これは、具だくさんで滋養たっぷり、身も心も元気になりそうな汁物になっています。
だごは、小麦粉で作ったスイトン状のもので、いわゆるだんごのことです。
色々、味わってみたら良いと思います。